貸切バスを使うなら!利用方法や料金設定を知っておこう

貸切バスの利用用途といったものに関してですが、やはり、なんといっても一番にあげられるものとしては、観光でのチャーターがその代表的なものといえます。社員旅行や修学旅行、研修旅行、何らかのツアーその他、実に様々な貸切バスとしての用途のがありますが、その分、それぞれの搭乗員の規模や行き先までの旅程、行き先の場所の環境などにより、バス本体の仕様や型などを考えていく必要性があると考えられます。

また、そうした貸切バスなどのような交通手段などの場合には、それに掛かるレンタル料金の相場や加入保険の態様、旅行商品面でのキャンセルの際の仕様なども、実に課題になってきたりしますので、用意資金や予算などのあり方と照らし合わせながら、それらに関しての検討などを申し込みの際にはしていく必要性があります。

レンタル事業者毎により、貸切バスの借り方の方法や手段が異なってくるのは当然ですので、このことをまず、理解をしておかなくてはなりません。バス本体を借りる訳ですが、車両運行法や運送法その他の各関係法令にもあるように、余程の小型のバス車両本体などでなければ、自分たちでは運転出来ないようになっていますので、この点も了承をしておく必要があります。

自分たちで大型運転免許を持っていて運転などをしたりした場合には、事故などの補償の際においては負担が大きすぎるなどといったような事情もありますので、こうした運転手専属などが義務になっています。こうしたことをよく理解をしながら、バス本体を借りていく姿勢が大切です。そして、自分たちが考えているプランや参加者数の規模などを踏まえながら、バスの大きさのタイプを考えていくのがベストです。

一般的な貸切バスの料金に関してですが、大体はミニバス・マイクロバス・小型バス・中型バス・大型バスなどといったような、後者になるにつれて車体が大きなタイプになっていくものが通常といえます。そして、その大きさの順毎にレンタル料金が上がっていくような感じですので、その点もしっかりと理解をしておかなくてはなりません。

大体、4泊5日分ではミニバスで2万5千円、マイクロバスで4万円、小型バス4万5千円、中型バスで5万円、大型バスで5万6千円、といった具合の貸切レンタル料金としての配分になります。こうした点からも、参加する人数や旅程の態様、コース状況、旅行プランの内容のあり方などをよく踏まえたりしたうえで、それぞれに合うバスの大きさや仕様などに関して、検討をしていくといった取り組み方が大切です。