貸切バス利用の際のルール

旅行の際の移動手段の1つとして検討することができるものに、貸切バスがあります。貸切バスは自分たちだけで利用することができる移動手段であるため、その他の公共交通機関などと違い、車内でも比較的自由に移動時間を楽しめむことができるというメリットがあります。ただし、貸切バスを利用する場合でも「なんでもして良い」というわけではありません。ここでは、貸切バスを利用する際に知っておきたい、利用のマナーとルールについて紹介します。

貸切バスのマナー、ルールとして最初に紹介するのは、シートベルトの着用についてです。道路交通法の改定によって、今ではバスにおいてもシートベルトを着用する義務があります。運行中については必ずシートベルトを着用し、安全に利用ができるようにしておく必要があります。高速道路などを利用する場合、料金の精算が発生する場合がありますが、その場合においても自分から移動をするのではなく、運行を行う前に支払っておくなどの対応をする必要があります。

貸切バスのマナー、ルールとして次に紹介するのは、時間と行程についてです。貸切バスでは、通常のバスと違って運行のスケジュールや行程を自分で設定して貰う形となっています。そうである以上、利用する時間については十分検討をし、間違いなく利用ができる時間として設定する必要があります。

時間の遅れなどが発生するとバス会社側のその後のスケジュールにも悪影響が出ることになってしまうため、時間は必ず厳守する必要があります。また、運行中に思いつきで行き先の追加を依頼するようなことも基本的にできない仕組みとなっているため、運行プログラムについては事前に十分に検討しておくようにしましょう。

貸切バスのマナー、ルールとして3つ目に紹介するのは、車内での飲酒についてです。貸切バスは貸し切りであるため、飲酒について特に制限があるわけではありません。こういったものを楽しめむことができるのも貸切バスのメリットの1つでもあります。しかしながら、あまりにも飲みすぎて泥酔をしてしまったり、車内で暴れてしまったりするようなことは絶対に起こさないようにしなければなりません。バス会社だけではなく、他のメンバーにも迷惑を掛けることになるため、十分注意をする必要があります。

基本的な利用のルールやマナーというのは、この程度のことでそれほど難しいことはありません。しっかり把握し、楽しめい旅に利用できるようにしましょう。